先日から、Windows2000Serverの共有フォルダにアクセスできないとの問い合わせが数件続いた。

おそらく、WindowsUpdateでファイアウォールの設定が変わったのかと調べたところ、

windowsファイアウォールでなく、ローカルセキュリティのローカルポリシーを変更しないといけなかったので、ここにφ(..)メモメモ

 

Windows7Professionalの場合

検索バーに「secpol.msc」と入力して検索、ローカルセキュリティ設定画面を起動

「ローカルポリシー」

「セキュリティオプション」

「ネットワーク セキュリティ:LAN Manager 認証レベル」の設定を変更します。

「LAN Manager認証レベル」の値を「NTLM 応答のみ送信する」に変更します。

OKで閉じればアクセス可能に!

念の為、PCを再起動して動作確認をオススメします。

 

Windows7Homeの場合(少し厄介です。)

レジストリを修正する必要があるので、自信の無い方はオススメしません。

検索バーで「regedit」と入力してレジストリエディタを起動します。

念の為、レジストリのバックアップ取ります。(間違えるとPCが動かくなくなるのでバックアップの意味がどこまであるかは疑問ですが)

 

「HKEY_LOCAL_MACHINE」

「System」

「CurrentControlSet」

「Control」

「Lsa」を開きます。

「LmCompatibilityLevel」の値を2に変更します。

レジストリエディタを終了して、

パソコンを再起動します、動作を確認します!

※レジストリを修正する必要があるので、自信の無い方はオススメしません。

参考にしたサイト

Windows 7から古いNASにアクセスできない場合の対処方法(LAN Manager認証レベルを変更する方法と注意点)

 

スポンサーリンク