iOSのVPN設定

iPad miniの設定、VPNを開きます。

VPN構成を追加…

をタップ

 

タイプを変更します。

IKEv2を変更します。

 

 

L2TPへ変更

設定情報を入力します。

説明:L2TPクライアントの名前 わかりやすい名前をつければOK

サーバ:ネットボランチDNSサービスで取得したホストアドレス、または、ヤマハルーターのWAN側IPアドレス

アカウント:ルータに設定した認証用ユーザーID

RSA SecurID:オフ

パスワード:ルータに設定した認証用パスワード

シークレット:ルータに設定した、共有鍵

すべての信号を送信:オン

プロキシ:オフ

を設定し保存します。

 

設定を選択して、状況が未接続なので、タップして接続します。

画面の右上に、VPN が表示されていればVPNでの通信中となります。

社内のサーバに繋がっているか、きちんとVPN経由でインターネットに繋がっているかを確認するために、アプリ NetWork Ping Lite で疎通確認を行います。

 

今回は、ルートも確認するので、右上のメニューを開き、Traerouteを選択

 

VPN接続経由で、yahooo.co.jpまでのルートを確認

IP Address to traceroute:にyahoo.cojpをセットして、Start ボタンを押します。

 

VPNルータ経由で、Yahooのサーバまでたどり着いているのがわかります。

これでうまくiOS(iPad mini)でVPN接続ができました。

 

受け側のYamaha(ヤマハ)のルータ RTX1200の設定は

管理画面の、右メニュー L2TP/IPsec を選びます。

はじめての時は、新しい接続先の登録でanonymousを選択して新規登録をします。

接続ユーザーIDと接続パスワードを設定

 

anonymousの共通設定を行います。

これでルータ側の準備完了です。

iOSの設定の前にルータの設定が先にかと思いますが、記事の順番が逆になってしまいました。