グーグルの検索結果は場所によって変わります。

私は大阪ですが、

東京や地方での検索結果を知りたい場合にどうすればいいかを調べてみました。

 

広告プレビューと診断ツール

Google広告には地域をしてして検索結果を見れる「広告プレビューと診断ツール」があります。
これを使うと簡単に場所をしていして検索を調べれます。
ただし、この方法は1ページしか確認できません。

そこで、2ページ移行も調べたい場合は、

Googleの地域コードを利用してローカル検索が可能です。

まず、上記で案内した、サイトに、Chromeでアクセスします。「広告プレビューと診断ツール
画面上を右クリックして検証を選択するか、Chromeの右上のハンバーガーメニューからその他ツールの中のデベロッパーツールを開きます。
次に、地域や言語、デバイスを選択、デベロッパーツールの Network を選択して、
「Filter」の枠に「search」と入力します。
そして、ランチと入力して検査すると、searchだけの情報が表示されます。

今回は、台東区、東京都のランチをスマホで検索してみました。

Nameの中に、searchから始まる項目がるので、マウスで右クリックして、「Copy」 から 「Copy link address」 をクリックしてアドレスをコピーします。
コピー内容
https://www.google.com/search?q=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81&ip=0.0.0.0&source_ip=0.0.0.0&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&adtest=on&noj=1&igu=1&adsdiag=324337602&uule=w+CAIQIFISCf8uqDaWjhhgEcBHJnG6DkcV&adtest-useragent=Mozilla/5.0+(iPhone;+CPU+iPhone+OS+7_0+like+Mac+OS+X)+AppleWebKit/537.51.1+(KHTML,+like+Gecko)+Version/7.0+Mobile/11A465+Safari/9537.53
上記の内容から「uule」を探します。
そして、uuleから&までもコピーします。頭の&もコピーしておくと後で便利です。

台東区の場合

&uule=w+CAIQIFISCf8uqDaWjhhgEcBHJnG6DkcV
になります。
この情報からローカル検索を行い、2ページ目以降も見ることができます。

ローカル検索の使い方

なんでもいいのでGoogleで検索します。
検索したURLの後に
上記のローカル情報追加します。

まとめ

これで、どこからでも、それぞれのローカルのスマホで検索した結果を確認できますね。

スポンサーリンク