特定の列を非表示にして、パスワードを入れると表示できるようにする。

1,はじめにワークシートが保護されてないか確認しておきます。

校閲タブのシートの保護を確認、シートの保護となっていればシートは保護されていません。

2,シートのすべてを選択します。

3,ホームタブのセルの書式設定を開きます。

4,セルの書式設定の保護タブのロックのチェックを外します。

これでワークシートを保護した時、ワークシートのしべてのセルのロックが解除されます。そして、ロックするセル(列)だけ選択できるようになります。

 

5,ワークシートのロックするセル(列)を選択します。

6,再度、3の手順でセルの書式設定を開いて保護タブでロックにチェクを入れます。

7,これでセル(列)の部分だけがロックできる状態となったので、校正タブからシートの保護を行います。

今回はセルの編集をできなくするだけでなく、非表示にするのが目的なので、ここでセルを非表示にします。

次に、シートを保護します。

解除するためのパスワードを設定してシートを保護します。

パスワードの確認が表示されるのでパスワードを入れます。

これでシートが保護されて、列を再表示されませんしセルもロックされてます。

8,校閲から、シート保護の解除で保護を解除できます。

 

スポンサーリンク