Window2008R2 Server でネットワークドライブが自動切断

未分類

スポンサーリンク

WIndows 2008R2 Serverでネットワークドライブを接続すると時間がたつと自動的に切断される。

エクスプローラからクリックすれば回復するが、
ROBOCOPYでデータを書き込もうとするとドライブにアクセスできないってエラーとなる。——————————————————————————-
ROBOCOPY :: Windows の堅牢性の高いファイル コピー
——————————————————————————-開始: Sat Mar 04 01:17:59 20172017/03/04 01:17:59 エラー 5 (0x00000005) コピー先のファイル システムの種類を取得しています \\192.168.1.6\share\backupdata\
アクセスが拒否されました。

対応方法

コマンドプロンプトから

自動切断を無効にする。

コマンドプロンプト
net config server /autodisconnect:-1

これで自動切断が無効
クライアント側は特に設定する必要はない。

以下の設定も変更する必要があるとの情報もあるので設定する。

コントロールパネル->管理ツール->ローカルセキュリティポリシー->

セキュリティ設定->ローカルポリシー->セキュリティオプション

Microsoftネットワークサーバー:ログオン時間の有効期間が切れるとクライアントを切断する
を無効にする。

 

※この方法ではうまくいかないので、バッチでネットワークドライブを割り当て、ROBOCOPYを実行後に切断する方法をチャレンジしてみます。

スポンサーリンク

ページの先頭へ