コントロールパネルの「Windows ファイアウォール」を開く。
「例外」タブで、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れる。
同じく「例外」タブで、「ポートの追加」ボタンを押し、TCP 135 を追加する。
参考にしたのは、Microsoft サポート技術情報の下記ページ。

 888860 – Windows XP SP2 のファイル共有で遅延が生じる場合の対処方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;888860

本事象はWebClientサービスが有効な場合にのみ発生しますので、WebDAVを全く使う予定がない場合は、クライアント側のWebClientsサービスを停止してしまうことが一番簡単な解決策です。Active Directoryに所属していれば、GPOなどを使うことで、一括しての設定変更も可能です。
参照URL

スポンサーリンク