投資理論

利殖ソフト「諭吉くん」

【各コース説明】

●Aコース
全レースの年間的中率40%弱の一番的中率の良いコースです。
ただし1番人気2番人気と上位の人気オッズを買い目にするためオッズ変動が厳しくなります。
よって追い上げ係数は2.5がお勧めと大胆になります。
そのため連続不的中での追い上げ金額を十分に考えて投資してください。
なかなか連続不的中は起きませんが、

注意!投資対象としてはお勧めできません、シミュレーションで的中実績を見る程度にしてください。

●Bコース
全レース年間的中率35%とまずまずですが、
1R〜5Rの的中率では10%アップの45%にもなる一番のお勧めコースです。
平均回収率は250%ですので追い上げは2.0が推奨
投資するレースは、1R〜5Rがお勧めで、連続不的中の場合は次の日に繰り越します。

注意!同じ会場の一開催は8日間です、6日目、7日目で、すでに的中合計が31回以上の的中済みの会場は投資しない!

●Zコース
全レース年間的中率45%とまずまずですが、回収率を150%に設定、追い上げ方法に注意してください。
1R〜5Rの的中率では5%アップの50%にもなるお勧めコースです。

投資するレースは、1R〜5Rがお勧めで、連続不的中の場合は次の日に繰り越します。

注意!同一開催(8日間)での理論になりますので、会場が変わったときの繰越は注意してください。

【追い上げ説明】

●利殖ソフト諭吉くんの”同払い戻し額設定”!※払い戻し額の設定機能
利殖ソフト諭吉くんには、”同払い戻し額設定”が組み込まれており、回収に対応して投資金額を決定します。
この”同払い戻し額設定”機能は、利殖ソフト諭吉くんのBコースには、最適な機能です。

そして、オッズが下がる事を想定した”係数設定”もあり、係数を1.2以上に設定すれば利益が出る確率が上がります。
この係数を上げれば上げるほど利益率も上がります。

しかし、デメリットもあります。
通常の追い上げでは、投資金額が確定されるので累計投資額も事前に判ります。
”同払い戻し額設定”では、回収率に応じた投資金額となりますので、累計投資金額が読めません。
突然投資金額が3〜5倍に一気に増える!これがデメリットです。
但し、最大に投資金額が増える倍率を把握、認識さえ出来またら、準備金次第では、利益率の高い運用が可能となります。

●デメリットを認識する
利益目標の時の投資金額の算出計算式は、
投資金額=(前回損金+目標金額)÷(回収率−1) となります。

回収率に合わせた適正な投資金額を出しますので無駄がなくなります。

例えば、利益目標10,000円の場合、 回収率300%なら投資金額は5,000円です。
回収率300%なので5,000円×3で払い戻しは15,000円になり、投資金額5,000を引くと利益10,000円となります。

回収率200%なら投資金額は10,000円です。
回収率200%なので10,000円×2で払い戻しは20,000円になり、投資金額10,000円を引くと利益10,000円となります。

又、オッズが下がる事を想定した場合の対策に”係数設定”があります。
係数を1.2以上に設定すれば利益が出る確率が上がります。
この係数を上げれば上げるほど利益率も上がります。

例えば回収率200%が180%に下がった場合、払い戻しが18,000円で、利益は8,000円と当初の利益よりも2,000円も少なくなります。

そこで、回収率200%が180%に下がった場合を想定して、

係数を1.2に設定すると、投資金額×係数で12,000円となり、12,000円×1.8で払い戻しが21,600円になり、利益は9,600となります。

係数1.5に設定すると、投資金額×係数で15,000円となり、
15,000円×1.8で払い戻しが27,000円となり、利益は12,000円となります。

このように係数を上げると投資金額も増えますが利益も増えます。

デメリットの最大投資率はBコースの回収率の最低設定が150%ですから、
倍率で考えると前回損金の4倍になります。
(前回損金10,000円+目標10,000円)÷(1.5-1)=投資金額40,000円

又、最大係数2.5なので40,000円×2.5=100,000円と10倍になります。
単純計算しますと、最大投資率は4倍×係数となります。

この様に、最大に投資金額が増える倍率が判明します。

【運用方法】

●推奨方法
推奨する方法は、Bコースを同払い戻し額設定で、利益目標、係数1.5です。
投資対象レースは、全会場1R〜5Rです。
2005年以降の実績データから、過去最大連続不的中10回、
利益目標1,000円ならば、準備金50〜100万 運用利益準備金の200%〜300%回収率

●具体的な購入方法
方法論によって購入の仕方は変わります。
大事なのは的中率、出現率、回収率、追い上げ率のバランスです。
標準的なものは不適中の場合、倍倍と資金を増やすやり方です。

例1:的中率30%前後 出現率40%前後 回収率200%以上 追い上げ2.0
投資金額 1000 2000 4000  8000 16000 32000  64000 128000 256000 
類型金額 1000 3000 7000 15000 31000 63000 127000 255000 511000

例2:的中率20%前後 出現率30%前後 回収率300%以上 追い上げ1.5
投資金額 1000 1500 2300 3400  5100  7600 11400 17100 25600  38400
類型金額 1000 2500 4800 8200 13300 20900 32300 49400 75000 113400

例3:的中率10%前後 出現率20%前後 回収率350%以上 追い上げ1.5(始め異なる)
投資金額 1000 1000 1000  2000 3000 4000  6000 9000 13000 19000
類型金額 1000 2000 3000 5000 8000 12000 18000 27000 40000 59000

●予算に応じての投資法
応用編として、連続不的中を出来るだけ避けていき、加えて、連続不的中が出現した後に勝負していけば、かなりの確率でパンクは回避できるということです。

回数などは、それぞれお考えいただければと思いますが、例えば、連続不的中が5回を超えたら投資を開始するとか、1回を超えてから買い始めるなどの方法です。

例1で考えると、連続不的中9回では最大投資金額は511,000円です、。
しかし1回不的中で2回目から開始するは最大投資金額は255,000円となります。
   2回不的中で3回目から開始すると最大投資金額は127,000円となります。

この場合注意点は1回目もしくは2回目で的中した場合は、その日は投資しないことになります。
なんだ?投資しないのかと、不満かも知れませんが、最大投資金額を最小減に防ぐ方法はこれしかないです。

JRAがなくなる事は、まずないでしょう。確立した方法論でご自分の予算に合わせ利益を出していきましょう!

諭吉Proソフトの各コースの連続不的中のパターンを研究した結果、
各コースの説明で言ったとおり、連続不的中5回〜7回を考えるのが正解だと思います。
各コースの連続不的中の定義を決めて、その後のレースに投資して行くと、
最大投資金額38万で、年間利益が約100万である。(利益目標10,000円、係数1.5の設定)