MakeShopは、東証1部上場グループで国内22,000店舗の安心と信頼の導入実績!

申し込みはこちら

ショッピングカート業界の流通額日本一のEC業界では知らない人はいないと言っても過言ではない、業界NO.1のASP(アプリケーションサービスプロバイダー)サービスです。
月額利用料0円~10,500円でネットショップの開店・運営に必要な機能の全てが揃います。

MakeShopの申し込みは、「開店申請をする」ボタンをクリックして下さい。

「開店申請をする」

 申し込みフォームが表示されます。

1.MakeShop(メイクショップ)

オフィシャルサイト

http://www.makeshop.jp/

開発拠点

MakeShopはGMOインターネット株式会社のグループ会社です。
東京に本社を置き、西日本支社として大阪にも拠点があります。

価格

初期構築費用 10,500円
フリーショップ  月額0円
ビジネスショップ 月額3,150円
プレミアムプラン 月額10,500円

プランによって、使える機能やデザインはことなりますが、
基本的な運用はフリープランでも十分に可能。
売上によるロイヤリティーなどは発生しません。

概要

MakeShopはGMOインターネットが提供するASPカートシステムです。
利用料金の安さや機能の豊富さはもちろんですが、GMOインターネットが提供しているサービスだからこそ、GMOグループの様々なサービスと連携可能な点も特徴です。

また、料金の安さから個人や中小企業のお客様が多いのかと思いきや、
サントリーや大王製紙を始め、数多くの大企業もMakeShopで自社のネットショップを構築しています。

2.MakeShop(メイクショップ)の特徴と豊富な機能

機能が豊富

MakeShopは国内ではトップクラスの高機能カートシステムです。
時代の流れによって必要な機能などが大きく変わるネットショップの業界で、MakeShopは業界ナンバー1の機能強化のスピードを誇り、月間8件は必ず何かの機能強化を行うと明言しています。

サポート力

ネットショップの運営では多くの疑問点や問題点にぶつかります。
そんな場合でも、MakeShopでは、ASPサービスの中では珍しく電話によるしっかりとしたサポート体制が整っています。
0円から始められる手軽さから、ネットショップを始めるにあたっての垣根はとても低くなっています。
それ故、パソコンの初心者でも安心して運営できるようなサポートが必要なのかもしれません。

3.MakeShop(メイクショップ)のメディア実績

MakeShop for 奉行のニュースが様々なニュースサイトで掲載されています。

毎日新聞デジタル
http://www.makeshop.jp/main/company/press_detail.html?date=20131007190000&type=news

BCN Bizline
http://biz.bcnranking.jp/article/news/1310/131004_134700.html

MakeShop for フルフィルメントのニュースが様々なニュースサイトで掲載されています。
マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2013/09/24/050/index.html

ECサポータ
http://tsuhan-ec.jp/news/103647

4.MakeShop(メイクショップ)の構築実績

MakeShopは、大企業のネットショップから個人運営のネットショプまで、あらゆる規模のお客様から利用されているサービスです。

大王製紙株式会社
エリエールの公式オンラインショップです。

東京ガールズコレクション
東京ガールズコレクションの公式ネットショップです。

株式会社サントリー
サントリーの公式グッズ販売のネットショップです。

5.まとめ

活用するメリット

圧倒的なコスパ
MakeShopは低価格で始められるネットショップではあるものの、その機能の多さは業界トップクラスです。
月に8件の機能強化を明言しており、これからもどんどん機能が強化されていきます。
個人から大企業まで対応できるシステムが、MakeShopには揃っています。

活用するデメリット

機能の多さによるデメリット

業界トップクラスの機能数を誇っているのに、月に最低8個の機能が追加されています。
MakeShopのユーザーはその全てを理解し、活用できていない。
使い切れていない機能が多い
「利用しない機能で管理画面が使いにくい」
「機能は沢山あるが、自社で行いたい売り方を実現している機能がない」
ショップに合わせて機能の追加や削除ができないところが、ASPサービスの最大のデメリットでもあります。

 

自社サイトとして長く運営していくのであれば、
自社に本当に必要な機能だけを実装し、会社の成長に合わせて機能を追加できるようなシステムとして、EC-CUBE の選択肢も重要です。

弊社では、
お客様の状況をヒアリングさせていただき、ASPタイプのMakeShop(メイクショップ)がいいか、カスタマイズ可能なEC-CUBE(イーシーキューブ)によるECサイトがいいかをご相談しながら最適なECサイトをご提案させていただきます。